ゴミ箱行きのDMを防止するカギは・・・!?

質問します。

 

最近、あなたの手元に届いたDMはありますか?そのDMを受け取った後、実際に、行動に至った方はいますか?

 

もしかしたら、手元に届いたDMは、中身を見ないで、そのままゴミ箱に捨てられることが多いかもしれません・・・。しかし、DMの中には、行動を促すものもあります。

 

日本ダイレクトメール協会「DMメディア実態調査2016」によれば、DMを受け取った後、何かしらの行動に至った割合は、19.5%。

行動は、例えば、「ネットで調べた、家族・友人等との話題にした、店に出かけた、購入・利用した、資料請求した」など。

 

約2割の方が、実際に、何かしらの行動に至っているんです。

 

では、ゴミ箱行きではなく、あなたのお客様に、DMを見てもらい行動まで繋げるカギは何か。

 

そのガキは、3つあります。今日は、その中の1つ「リスト」についてお伝えします。

DM送付には、必ず「リスト」が必要です。

 

「リスト」=「誰に送るのか」。つまり、ターゲット設定が重要です。DMからお客様の行動を促す、例えば、お店に来店してもらう、商品購入やサービス利用をしてもらうなど。

 

行動に結び付けるには、あなたが期待する行動に適したお客様に向けて、DMを送ることが重要です。何でもかんでも所有するリスト全てに対して、送ればよいわけではありません。

 

お客様の反応がなければ、お金と時間のムダです。真っ先に、ゴミ箱行きです。だからこそ、DMを送る時のカギの1つ、「誰に送るのか」を設計することが大切です。

 

もしあなたが、

お客様にDMを送付して、資料請求をしてもらいたいと考えていたら・・・!?

 

もしあなたが、

お客様にDMを送付して、商品購入、またはサービス利用をしてもらいたいと思うなら・・・!?

 

もしあなたが、

お客様にDMを送付して、お店に来店してもらいたいと期待するなら・・・!?

 

「リスト」=「誰に送るのか」を、きちんと考えて送付してください。DMを見て、実際に、どんなお客様に行動してもらいたいのか、それがカギの1つです。

 

残りの2つのカギは、また今度、機会があれば、お伝えしますね。

 

それではまた。