読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアンドエラーこそ、あなたの最高の経験を生みだす!

トライアンドエラーを繰り返すことが経験と蓄積になる」

 

ソニー創業者、故・井深大さんの言葉です。

 

今日(2/23・木)、登録中の日報コンサルタントの中司(なかづか)さんのメルマガ「いま、やるべきことに気づく なかづか日報 一日一語」で、井深さんの言葉を紹介されていました。目に飛び込んできた瞬間、ピン!ときたので、すぐに手帳に書き込みました。

 

メルマガにあった、中司さんの解説では、

「学びは本の上で起こるものではありません。すべては、あなたの現場で。しかも、新しいことへの挑戦と、失敗によってもたらされた教訓こそが経験という名の、最高の資産となるのです。」とありました。

 

この解説にも、「そうだよなぁ」と共感した次第です。

 

トライアンドエラー、つまり行動しないと、何も学びには結び付かないですね。いくら書籍、セミナーで学んでも、実行しなければ、経験と蓄積にはなりませんね。

 

 

告白します。

 

 

これまで自分に足りないものがあると、書籍、セミナーを探して知識を入れることばかりをしていました。完全に知識メタボです・・・(^_^;)

 

次から次に、足りないものを追い求め続ける、まるで青い鳥症候群ですね。頭の中では分かっていたのですが、どうしても追い求め続けてしまい、行動、実践は疎かになっていました。

 

あまりトライアンドエラー出来ていなかったので、経験や蓄積になっていなかったと痛感しました。

 

 

しかし、今年から日々の行動を、手帳=ツールを変えて、手帳上で「計画⇒実行⇒検証⇒改善」を書く習慣を手に入れたことで、少しずつ変わってきました。

 

頭の中だけで考えて止まっていたのが、小さな行動、トライに移行する機会が増えてきました。例えば、ブログを書くことも、その1つです。

 

手帳に「計画⇒実行⇒検証⇒改善」の4項目を書くことで、出来たこと、出来なかったことが明確になります。出来たことは経験となり、自分の中に蓄積されます。出来てない、ずっと出来てないこともあります。ずっと出来ない、止まる理由も分かってきています。

 

プラス、マイナス両面含めて、経験を通じた自分の資産になっていると感じています。

「計画⇒実行⇒検証⇒改善」の4項目を振り返る機能を持った手帳=ツールにより、シフトチェンジが出来つつあると思いました。

 

 

もしあなたが、

井深さんの言葉「トライアンドエラーを繰り返すことが経験と蓄積になる」を見て、ピン!ときたなら・・・!?

 

 

是非、トライアンドエラーの回数を、今まで以上に増やしてみましょう。

 

 

なぜか?

 

 

トライアンドエラー=行動こそが、あなた独自の経験、蓄積を増やすことに繋がるからです。

 

そうは言っても、1歩を踏み出せないあなた、あなたの行動を後押しするために、ツール=手帳を活用してみませんか・・・!?

 

手帳上で、4項目(計画・実行・検証・改善)を書いて、日々振り返る。この繰り返しから始めてみてはいかがでしょうか!?