読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教えない。質問返しで考えさせる。

質問します。

 

あなたは、仕事で同僚や部下に、「どうしたらいいですか?」、「どうしましょうか?」を聞かれたら、どんな対応を取りますか?

 

先日、営業担当者のOさんが、得意先への概算見積提出をするのに、「どうしたらいいですか?」と聞いてきました。

 

僕は、「どうしたいの?」と切り返すように、質問しました。おそらく、Oさんは、「こうしたらいいのでは」という具体的な回答を求めていたのかもしれません。

 

期待通りの回答はせず、質問返しです。

嫌な人間、不親切な人間と感じる方もいらっしゃるでしょうね。

 

基本的に、「どうしたらいいですか?」、「どうしましょうか?」には、「どうしたいの?」の質問返しをします。

 

こんな対応をするのは、若い時より、どうしたいのかを考えるように、教えられたからだと思います。

 

上司に相談する際には、「こんな背景、意図、理由があります。だから、こうしたいのですが、どう思いますか!?」と、必ず自分の意見、考えを入れるようにしています。

 

事前に、何か自分の意見を持った上で、相談するようにしています。

 

一方で、「どうしたらいいですか?」、「どうしましょうか?」のみでは、何も考えていないと感じます。だから、自分の意見や考えがあっても言わずに、相手に考えさせるような対応をします。

 

 

もしあなたが、

同僚や部下から「どうしたらいいですか?」のみで相談されたら・・・!?

 

もしあなたが、

同僚や部下から「どうしましょうか?」と回答を求められたら・・・!?

 

 

「どうしたいの?」と質問返しで対応してみましょう。

 

 

なぜか?

 

 

回答を求められて、丁寧に、具体的に回答したら、相談者、お困りごとに対応できるので有難いと思いでしょう。

 

でも、考えてみてください。相談者は、全く自分の意見や考えを持たずに、いつも相手に回答を求めたら、あなたは成長の機会を奪うことになるのではないでしょうか。

 

自分で調べる、考える機会がなくなり、すぐに聞けば良いとなります。あなたが、ずっと相談者の側にいるわけでもありません。また、相談者が部下を持った時に、困ってしまうでしょう。

 

「どうしたらいいですか?」、「どうしましょうか?」の丸投げ体質です。これが正解、不正解と簡単に出せるものは少ないです。何か意見、考えをもとに相談されたら、フィードバック、アドバイスが出来ます。また、相談の中で、さらに良いものが出てくるかもしれません。

 

人材育成には、「教える」ではなく、「教えない。質問により考えさせる」ことが大切なのではないかと思います。