今まで、自分では気づかなかった点とは・・・!?

今日(2/17・金)、東京は暖かく、気温は17℃らしいです。花粉は、やや多く、花粉症の僕にとって、辛い季節が近づき始めました・・・(^_^;)

 

先日、サイト本番アップ前のセミナー集客用のセールスレター(告知)ページを読む機会がありました。Wordにすると、約30枚の文字量。読むのに時間はかかりましたが、書き手の想いが綴られた、素晴らしい文章でした。

 

文章量が多いこともあり、数か所、誤字脱字を発見しました。お節介かもとは思いましたが、「誤字脱字があれば、教えてくださいね」とあったので、お戻ししました。

 

戻したところ、早速、感謝のメッセージが届きました。チェック作業は苦手のようで、だから有難かったようでした。

 

出版関係の仕事ではないですが、自分にとっては、あまり大したことではありません。「有難い」と言ってくださり、逆に、恐縮でした。

 

以前、マーケティングリサーチ会社で働いた経験がありました。そこで、集計表などの成果物をチェックされられたことがありました。マーカーを持ち、おかしなところはないか、数字に間違いはないかを、チェックする作業。集計結果に間違いがあると、成果物の品質に関わるため、細かいところまで検証、確認しました。

 

そんな経験があったから、チェック作業は、普通のことだと思ったのかもしれません。チェック作業は好きではないですが、あまり苦でもないです。誰かの役に立ったことで、自分が普通だと思っていた点が、気づいていなかった強みの1つだと感じました。

 

 

もしあなたが、

自分なんて、平凡で何の取り柄もないと感じているなら・・・?

 

もしあなたが、

自分には、人に言えるほど、強みや特長がないと思っているなら・・・?

 

周りの人に感謝されたこと、お褒めの言葉を思い出してみましょう。

 

 

なぜか?

 

 

自分では普通と思っていたことは、実は周囲からすると、貴重なものだと感じることがあるからです。

 

あなたの強み、良い点を、あなた自身が気づいてないだけです。

 

自分の思い込みを外して、周りの声に耳を傾けてみましょう。意外にも自分では、まだ気づいてないことを発見するかもしれないですよ!