読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

350冊もの書籍を処分した前後の小さな変化!

昨年末、350冊の書籍を処分しました。

その後、以前に比べて、書籍購入量は減りました。

 

処分前は、片付けるのは面倒、「いつか使うかもしれない」と思い、このままではいけないと思いながらも放置状態・・・(^_^;)

山積みされた書籍で、足の踏み場もなく、地震があった時は、崩れ落ちて散乱することもしなしばありました・・・。

 

しかし、「使えない知識はゴミ」との衝撃の

言葉をもらい、使っていない知識群(書籍)に埋もれた部屋はゴミ部屋。ゴミと一緒に生活しているのかと思うと、捨てないといけないと思い、ようやく処分しました。

 

その後、「使えない、使わない●●(ex.書籍、雑誌、新聞、書類、資料、洋服など)」、「いつか使うかもしれないからとっておこう」という意識を、極力止めるように心掛けています。「いつか使うかもしれない」で、使った試しがありません・・・(^_^;)

 

使うこと、つまりアウトプットを意識すれば、仕入れ(インプット)にも影響を与え始めたのだと感じました。

 

無駄にためる、残すことは、「何も生み出さない=ゴミ」でもあるため、持たない意識付けが出てきています。また、使わない感じたものは、すぐに捨てるようにもしています。

 

 

もしあなたが、

読んでいない、使っていない書籍が、部屋の中に山積みになっているとしたら・・・?

 

もしあなたが、

クローゼットの中に、全く着てない洋服で占領されているとしたら・・・?

 

もしあなたが、

仕事場の机の上、引き出しの中に、書類や資料だらけになっていたとしたら・・・?

 

 

使っていないものを、今すぐ捨ててしまいましょう。但し、使ってないとの判断基準は、設ける必要がありますね。例えば、1ヶ月、3ヶ月間使ってなければ、これからも使う必要はないとか・・・。

 

 

なぜか?

 

 

「使ってないものはゴミ同然!」だからです。

 

あなたは、ゴミが散乱する環境を心地よく思いますか?また、ゴミが多い中で生活することを良いと感じますか?

 

 

快適な環境の中で、過ごしたいと思うはずです。「使えない、使わない●●」、「いつか使うかもしれないから」は無駄でしかありません。お金を貯め込むことは良いかもしれませんが・・・(笑)

 

あなたの身の回りを、ちょっと確認してみましょう?「使えない、使わない●●」、「いつか使うかもしれないから」というものがあるかもしれませんよ・・・!?