あなたの強み、特長って何・・・!?

初めて、名刺交換でAR名刺(拡張現実名刺)を頂きました。

 

ARって何かご存知ですか?

言葉を聞いたことがある程度だったので、

コトバンクで調べました。ARとは拡張現実。コンピューターを利用して、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術。

 

AR名刺(拡張現実名刺)は、ARアプリをダウンロードして、スマートフォンで名刺をみると、FacebookTwitterYoutube、電話帳登録ボタンなどのアイコンや動画が出てきます。アイコンをクリックしたり、や動画を再生したりして、行動に結び付けることができるようです。

 

ARを導入して、名刺=仕事の取れる営業ツール活用するまで進んでいたことに、驚きました。

 

会社員なので、普通の名刺、会社名、肩書き、氏名、そして連絡先(TEL、FAX、Mail、URL)とは、全く違いますね。普通の名刺では、仕事の取れる営業ツールにはいかないです・・・。

 

ちなみに、AR名刺を頂いたのは、名刺専門家を名乗る方でした。さすが専門家ですね。

名刺を仕事の取れる営業ツールとして位置付け、もはや24時間365日稼働する営業マンです。AR以外にも、様々な仕掛けがありました。

 

自分を選んでもらう、仕事に結び付くために、自分の特長、強みを名刺に盛り込んでいました。一方で、会社から配布された自分の名刺をみると、何者なのか、全く分かりませんね。そもそも名刺=営業ツールの発想がないため、仕方ありませんが・・・。

 

 

コンサルタント、講師、コーチ、士業などの方の名刺を頂くと、選んでもらうために、目立つ、何をしている人なのか分かる名刺の方は多いですよね。あなたも名刺交換で頂いた経験があるでしょう。

 

自分の特長、強みが明確で、どんな悩み、お困りごとに貢献できるのかはっきりとしています。

 

一方、会社から配布された普通の名刺。有名な大企業ならともかく、何者だかよく分からない。大企業だとしても、各個人となると、この人はどんな経験があり、強みがあるのかを、名刺だけで知ることは出来ません。

 

 

名刺の専門家の名刺を頂いて、感じたことがありました。会社員だろうが、個人事業主だろうが、自分の強み、特長を伝えることができたら、今まで以上に、やりたい仕事、楽しく仕事をすることができるのではないかと・・・!?

 

 

会社員だと、研修にでも参加しない限り、自分の強みや特長を振り返る、あるいは今後のキャリアを考えることをする機会は、あまりないかと思います。

 

 

もしあなたが、

これまで以上に、やりたい仕事をしていきたいと考えているなら・・・?

 

もしあなたが、

今まで以上に、楽しく仕事をする機会を増やしていきたいと思うなら・・・?

 

 

自分の強み、特長を棚卸ししてみましょう。

 

 

なぜか?

 

 

上司や部下の関係ならともかく、周りの人達は、あなたにはどんな強みや特長があり、どんな場面なら力を発揮できるのか、ほぼ分かっていません。だからこそ、自分の強みや特長を、明確にして、伝える必要があります。

 

 

そうすれば、あなたの強みや特長を発揮できそうな機会があったら、あなたにお願いしようと思う人達が出てくるかもしれません。携われるチャンスを掴めれば、今までよりも前向きに、楽しく仕事をすることができるでしょう。

 

 

個人事業主の方は、仕事を取るため、選んでもらうために、自分の棚卸ししている方は多いでしょう。会社員こそ、自分の強みや特長は何か、一度、棚卸しをしてみませんか。自分自身にも当てはまりますが・・・(^_^;)

 

 

棚卸しをする際に、ノートとペンを持って、カフェにでも行き、自分の過去、現在、そして未来を考えてみるのも良いですね。

 

 

是非、あなたも一緒にやってみませんか!?

 

 

さあ、ノートとペンを持って棚卸しをしよう!