あなたの自己紹介、ちゃんと相手に伝わっていますか・・・!?

質問です。

 

最近、自己紹介をしましたか?

 

土曜日(2/11)、セミナーに参加する機会があり、2~3分で自己紹介する場面がありました。

 

講師(1名)の自己紹介後、順番に、参加者(4名)が行いました。そこで、ある出来事に出会いました。

 

それは、何か・・・!?

 

以前、ある場面で、自分が自己紹介をした時に、フィードバックを受けたことと同じことが起こりました。

 

自己紹介を聴いていて、僕の頭の中は、「?」がいくつも出てきて、どんなことをする人なのか、よく分かりませんでした。

 

おそらく、発表者は、無意識でしてしまったのでしょう。

 

 

もしあなたが、

自己紹介で、自分のことを知ってもらいたいとしたら・・・?

 

もしあなたが、

自分が何をしている人なのかを、相手に伝えたいと思うのなら・・・?

 

 

専門用語や横文字を使うことは避けましょう。

 

 

なぜか?

 

 

相手は、あなたの業界、仕事内容のことを、知らないし、知識もないからです。話し手は、日常的に使っているため、無意識に専門用語や横文字を使いがちです。しかし、相手は、全くの素人です。

 

専門用語や横文字が出てくるにつれて、頭の中は、「?」でいっぱいになります。結局、あなたはどんな人で、何の仕事をしているのか、全く理解できません。

 

 

かつて、ある塾に参加した時、自己紹介がありました。参加者は、自分とは違う業界で働いている方々でした。そこで、無意識に専門用語や横文字を使っていました。通販に携わる仕事をしているため、例えば、「ダイレクトマーケティング」、「CRM」など、専門用語、横文字を連発していました。

 

自己紹介後、講師からのやってはいけないパターンとして、フォードバックを受けて、「ハッと」気づきました。案の定、聴いていた参加者の1人より、「頭の中が「?」でいっぱいになった・・・」と感想をもらいました。

 

 

この失敗経験より、自己紹介時は、専門用語や横文字を極力使わないようにしています。どうしても使う場合には、その後で、言い換えや分かり易く説明するようなことをしています。

 

無意識とはいえ、専門用語や横文字を使ってしまうのは、自分視点(話し手視点)でしか考えていなかったと感じました。そうではなくて、相手視点(受け手視点)に立ち話さないと、相手は理解できません。また、伝わりません。

 

 

意識していないと、ついうっかりやってしまいます。小学生にでも分かるような平易な表現で話せば、相手の頭の中に「?」を生むことはないでしょうね。

 

自分視点ではなく、相手視点を考慮して、自己紹介時は、専門用語や横文字を、極力使わないでみましょう。

 

今後、自己紹介をする場面があったら、是非とも意識してみてくださいね。