最近、御礼ハガキを出していますか・・・!?

質問です。

 

最近、仕事で御礼ハガキを出したことはありますか?それも手書きのハガキで・・・。

 

昨日(2/8・水)のブログ(セミナー参加時のニュースレター内の書籍を紹介されて読んだこと)に続きますが、セミナー参加後の後日談がありまして・・・。

 

数日後、会社のデスクに、ハガキが届いていました。参加したセミナー主催者からの御礼ハガキでした。これまで、セミナー参加後に、メールや電話があることはありました。手書きハガキが届くとは、いまどき珍しく、少し驚きました。

 

ハガキをみると、手書きでした。表面には、宛名、ひとこと(御礼)が手書きで書かれていて、裏面は、「小さな会社の経営の原則」が印刷されていました。

 

メールで簡単に出来るところを、わざわざ手書きハガキを郵送する。手間を惜しまず対応する姿勢に感心しました。会社の姿勢、人柄、そして仕事も手間暇惜しまず、対応するのではないかと感じました。

 

小さく、細かなことですが、手間を惜しまず出来るかどうかで、印象が違うと思いました。デジタル時代の中で、あえてアナログな対応をして、あまり他ではないので、余計に目立ちました。

 

 

もしあなたが、

セミナーに参加された方に、参加の御礼をしようとするなら・・・?

 

もしあなたが、

新規で得意先に、営業で訪問した後、御礼をしようとするなら・・・?

 

 

手書きで御礼ハガキを送ってみませんか。

 

 

なぜか?

 

 

周りのライバルは、ほぼやっていません。アナログで、手間を惜しまず、手書きハガキで御礼の気持ちを伝えたら、あなたの誠意がより伝わると思うからです。

 

 

そういえば、以前、通販のお客様に、購入の御礼を手書きハガキで送付したことがありました。手間、時間は掛かりましたが・・・。今回の手書き御礼ハガキをもらって、思い出しました(^_^;)

 

今では、顧客数が多くなり、さすがに手書きでは対応できません。しかし、手書き風の書体で、挨拶状、購入御礼を、商品発送時に、同梱物としてお送りすることは、様々な通販会社でやっていますね。

 

パソコン、スマホに接する時間が長く、手放せない生活の中で、アナログに触れる機会、時間があると、良いですね。