継続的な情報発信で得られるものとは・・・!?

先日、あるセミナーに参加。そこで、配布された資料の中に、ニュースレターが入っていました。

 

セミナーの休憩時間に、何気なく見たら、ニュースレター発行者のオススメ書籍が書かれていました。紹介内容を読んでみると、自分の仕事に参考になりそうで、読んでみることにしました。

 

その書籍は、「顧客と最高の信頼関係を作る営業ツール」(蒲池崇/フォレスト出版

です。

 

お客様との関係性を作るために、個人通信を発信しましょうという内容です。個人通信の作り方、ノウハウ、事例などが書かれていました。

 

日頃、健康食品、化粧品などの通販で、長く買い続けてもらうため、ファンや優良客づくりに携わっているため、すごく共感しました。

 

個人通信は、売り込み内容は一切なく、発行者の人柄、考え方などが中心です。それを出したから即売上に繋がるというよりは、お客様に忘れられない、また安心感や信頼感を抱かせるような情報発信です。

 

発信し続けることで、お客様ごとの購入タイミングで、「あっ、そういえば個人通信を出していた○○さん」に相談してみよう、購入しようとなる場合があります。ジワジワと効果が出てくるようなものですね。

 

通販でも、お客様に長く買い続けてもらうために、商品発送時の同梱物、DM、メール、そして電話などを通じて、絆づくりをしています。健康食品なら飲んでもらって、お客様の健康を、化粧品なら使い続けてもらうことで、お客様の肌サポートを。そのために、有益な情報発信をし続けています。

 

継続して、情報発信を続けるのは、労力が必要です。大半の方が、始めても続かない場合が多いようです。そんな中で、著者の蒲池さんは、8年以上(書籍発売の2013年

時点)続けているそうです。発信し続ける行動は、すごいと感心しました。発信し続けるからこそ、お客様との信頼感も出来ているのだと感じました。

 

 

もしあなたが、

リピート客が少ないと感じているなら・・・?

 

もしあなたが、

ファンや優良客が欲しいと感じているなら・・・?

 

もしあなたが、

既存客へのフォローが出来ていないと感じているなら・・・?

 

 

お客様に、売り込みではない、ニュースレターを出してみましょう。

 

 

なぜか?

 

 

お客様は、あなたのことを忘れているかもしれません。まだ購入するタイミングではないのかもしれません。あるいは、まだあなたから購入するまで、安心感や信頼感を抱いていないのかもしれません。

 

だからこそ、お客様とのコミュニケーションを図る機会を作り、情報発信をすることが重要です。

 

技術進歩が進み、世の中には、同じような商品やサービスが多くなっています。機能での差別化は難しく、すごい機能があったからといって、お客様からは選ばれません。

 

それよりも誰から買うか、買いたいかと感感情が揺さぶられた、共感した時のほうが動くのではないかと感じています。

 

 

すぐに成果は出なくても、地道に情報を発信し続けて、お客様に忘れられない、安心や信頼感を作ることが大切だと、改めて思いました。

 

 

情報発信をし続ける。まさに「継続は力なり」ですね。