思わずリピートしてしまった、ある言葉とは・・・!?

長年、首、肩凝りに悩まされています。

デスクワークが中心で、パソコンに向かう時間が長いこと、姿勢も良くないのかもしれません。

 

首、肩周りの筋肉が硬くなり、血行不良になっています。また、たびたび頭痛が出てくることもあります。

 

同じような悩みを抱える方は、多いのではないでしょうか?

 

首、肩凝りに悩みを抱えているため、これまで、整体、カイロプラクティック、そしてマッサージなど、複数のところに行きました。

 

大半が、インターネット検索で、調べて行きます。初めて行くお店は、「大丈夫かなぁ・・・!?」と心配、不安ですが、思わず、2回目も行ってしまうお店がありました。

 

そこには、ある共通点があったんです・・・。

どんなことだと思いますか・・・?

 

 

それは、会計後に言われる、次の言葉があるかないかなんです。

 

それは、

 

「次の予約は、いつにしますか?」

 

です。

 

えっ、そんなことと思われたかもしれません。当たり前に思ったかもしれません。でも、この言葉により、次の予約をしちゃったんですよ・・・(^_^;) 意外と言わないお店は多いんですよ! 

 

言われなかったお店では、次に行くか否かは、状況次第で、忘れてしまうことが多々ありました。その後は、「さようなら」で、再来店するところは少なかったです。

 

「次の予約は、いつにしますか?」と言われたために、思わず、スケジュールを確認して、「では、●月●日の●時からは空いていますか?」確認を取っている自分がいました。時間が空いていたら、予約確定となり、カードに記入されて渡されます・・・(^_^;)

 

先生の施術がとても良かったから・・・?

施術後の効果を実感できたから・・・?

 

ということでもないと感じました。首や肩凝りがひどく悩みを抱えているため、たった1回で良くなる訳ではありませんよね。

 

思い返すと、施術をする際に、「次の予約」に繋がる、伏線があったことに影響したなと・・・。

 

 

それは、「継続的に体のメンテナンスをすることで、改善に繋がりますよ」というようなことを言われていました。

 

そう言われると、「定期的に通わないといけないかなぁ」、「数回、通ってみて、様子を見てみようかなぁ」ということが、心の中に出てきましたね・・・(^_^;)

 

「継続の重要性+予約促進」のコンビネーションで、次の訪問が決定しましたね。

 

整体、カイロプラクティック、そしてマッサージのような業態は、繰り返し足を運んで頂くお客様を、どれだけ獲得できるかで、お店の売上や利益にも影響しますよね。

 

固定客が増えていけば、絶えず、新規集客獲得する活動に追われなくても済みますしね・・・。

 

会計後の「次の予約、いつにしますか?」というたった一言で、リピートさせることが出来てしまいます。

 

もし、あなたが自分のお店には固定客が少ないと悩んでいるなら・・・?

 

もし、あなたが自分のお店のファンを増やしていきたいと考えているなら・・・?

 

再度来店してもらうために、何もしないのではなく、提案をすることも大事ですよ。

 

せっかく初めて足を運んで頂いたお客様と、出来れば長い関係性を築いていきたいですよね!

 

ではまた。