読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの周りの会議や打合せでも、よくある光景ですか?

今日(11/25・金)で、ブログ4日目となりました。何とか“三日坊主”を回避できました・・・(汗)まあ、あまり気負わずに、マイペースに継続できたらいいなぁと思っています・・・。

 

前置きはこのくらいにして、あなたは、仕事の中で、会議、打合せなど多いですか?

経営者、管理職の方は、1日の中で、会議や打合せをする機会は多いのではないでしょうか?

 

先日、社内メンバー4人で、打合せがありました。議題は、得意先に対する提案についてでした。

 

そこで、ある出来事がありました。打合せが進み、終わりかけたところで、営業の上長が部下に、キレる場面がありました。

 

 

(気まずい空気となり・・・この場から離れたいなぁと思いながら聞いていました)

 

 

何故、上長はキレたのか・・・!?

それは、部下は、打合せにパソコンを持ち込み、あまり議論に加わることもなく、ひたすらキーボードに向かっていました。

 

部下は、打合せ内容を議事録として記録するために、ひたすらキーボードに向かっていたとのことでした。しかし、上長からしたら、得意先に対する提案に際して、どんな提案にするか、議論に参加できてないことにキレていました。

 

また、議事録を書くことは、打合せ後にすることだろうという言い分でした。得意先提案について、議論する場で意見を出すなど、参加すべきだろうと・・・。一方、部下は、打合せ中に議事録を作成すれば、作業効率も良いだろうという考えみたいでした。

 

指摘された部下は、その後も打合せがある際は、パソコン持ち込みスタイルに変わりはなく、外出先でもパソコンを持参して、得意先との打合せをしています。本人曰く、パソコンがないと仕事にならないとのことでした。

 

この発言に、違和感がありました。仕事をする上で、パソコンは必要不可欠なことはその通りです。しかし、本当にパソコンがないと仕事にならないのか・・・?

 

あなたは、パソコンがないと仕事にならないですか?

 

仕事の中には、様々なことがあります。例えば、得意先への提案、企画立案、リサーチ、資料作成、打合せ、メール連絡、事務処理などがあるでしょう。

 

全ての場面で、パソコンを使うわけではないでしょう。パソコンを使うのは、何か作業をする場面、例えば、報告書を書く、集計する、メールをするなどが多いのでは・・・!?「仕事=作業」となり、“作業脳”ばかりに時間を費やすことが、果たしていいのか疑問に感じました。

 

作業ではなくて、企画を考えるなど、思考することのほうが重要ではないかと。「仕事=思考」をすることに時間を掛けるべきだと思いました。

 

作業も必要ですが、それに時間を掛けて、考えることを疎かにしたら、成長は見込めないし、良い仕事も出来ないのではないかと・・・。今回の打合せ時に起きた件を通じて、考えさせられました。

 

通常、僕は、得意先や社内での打合せ時には、パソコンを持参しないですが・・・。ただ、周りをみると、パソコンを開きながら、打合せをする方は増えましたね!

 

あなたの周りでは、どうですか?

あなたは、「仕事=作業」ばかりになっていませんか?

 

個人的には、「仕事=思考」のほうに時間を掛けていきたいですね!

 

 

ではまた。