新たな「手帳」が気づかせてくれました!

現在、会社員として、通販で健康食品やサプリメント、化粧品などを販売するメーカーを支援する仕事をしています。

 

長く買い続けてもらうお客様を増やす仕組みづくりに携わっています。DM、チラシ、同梱物、電話そしてメールなどを活用して、継続購入を促す企画、実施、検証、そして改善のサイクルを回しています。

 

日々、お客様と接する現場、電話対応、EC受注処理をするところでは、お客様の情報、購買情報がなど、膨大な情報が集まってきます。集まった情報の中から使える情報に加工した上で、改善活動をしています。

 

例えば、

・受注や問い合わせが何件あったのか

・解約は何件あったのか

・広告打ったら、反応は何件あったのか

・クレームはどんなものが何件あったのか

など・・・。

 

各担当が、自分が必要な情報を、定点観測しています。

 

現場に集まった情報から、必要なものを抽出してまとめて、問題や課題に応えていく。

言わば、「あつめる」⇒「まとめる」⇒「こたえる」のサイクルを回しています。当たり前のように回していて、しかも最近は高速で回すことが求められており、実行しています。

 

仕事上、サイクルを回すことは出来ています。一方で、仕事以外のこと、例えば、副業する、ブログを書く、セミナー開催をするとなると、なかなか進まない、続かないようなことが多々ありました。

 

仕事では、活動⇔改善のサイクルを回せるのに、仕事以外では回せていない現実。遅ればせながら、その原因に、あるものとの出会いで、“ハッと”気づきました。

 

あるものとは何か?

 

それは、「手帳」でした。その手帳は、「超」結果手帳です。

 

 

■「超」結果手帳

https://pdca.thebase.in/

 

 

これまで、「手帳」は予定を書き込むだけのツールでした。書いたり、書かなかったり・・・。会社のイントラにも予定を入れるので、書くのが余計に面倒に感じていました。

 

しかし、2017年に入り、「超」結果手帳に出会いました。仕事で普通にやっているPDCAサイクルを、手帳の上で行い、結果に繋げていくのを体験して気づいたのです。灯台下暗しでした・・・(^_^;)

 

手帳は予定を書き込むツールではなく、結果に繋げるツール。これまでの概念が変わりました。

 

使い始めて、1ヶ月程度なので、まだまだ試行錯誤ですが・・・。日々、手帳上で、活動⇔改善の記録により、出来たこと、出来なかったこと、ずっと出来てないことが分かり、次の改善活動が明確になってきています。

 

また、毎朝、会社に来たら、まず前日の振り返り、今日の予定を書き込む。日課として定着してきました。このまま続けていったら、成果が出てくるのではないかと、期待感が出てきています。

 

 

もしあなたが、

2017年は、成果を出したいと思うなら・・・?

 

もしあなたが、

うまくいかない現実を打破したいと感じているなら・・・?

 

もしあなたが、

今、思ったように物事が進んでいないなら・・・?

 

 

「手帳」の使い方を変えてみませんか!?

 

なぜか?

 

日々、目にする、手にする手帳上で、活動⇔改善の記録をとり、そのサイクルを回すことが出来れば、結果に繋がりやすいからです。

 

単なる予定の記載から、次の改善に繋がる行動が明確になれば、成果に結び付きやすいですよね!

 

 

僕もまだ使い始めたばかりです。

使い続けていき、是非とも成長、結果を出していきたいですね!

1.29 京都で心に、いやお尻に火が付いた!

ちょっとブログが滞り、冬眠状態になってしまいました・・・。反省です・・・。

 

三日坊主、なかなか続かず止まってしまう現状。このままではヤバいと、心に、いやお尻に火をついた出来事がありました。

 

1/29(日)に、京都開催された「セミコングランプリ2017」に行ってきました。通称「セミコン」は、セミナー講師が10分間でセミナーを行い、競い合うコンテストです。

全国8ヶ所で地方大会があり、勝ち上がった7名で、グランプリを競う、セミナー講師の甲子園です。

 

昨年(2016年10月)に東京で地方大会に出場しました。そんな経緯もあり、一緒に戦った人が、グランプリに出場したこと、地方大会後、練習会、壮行会などを通じて、応援したので、京都に応援に行った次第です。

 

「セミコン」は、地方大会、グランプリの運営は全て、出場経験者のボランティアで運営されています。

 

東京チームは、前回グランプリ出場者のHさんが中心に運営されていました。Hさんは、ご自身がグランプリに出場した際、他エリアとは違い、東京の応援団は、あまり団結していなくて、とても寂しかったとのことでした。

 

ご自身がした寂しい経験を、次に続く出場者には味あわせたくないと思い、東京の運営リーダーに立候補して、1年半近く、リーダーとして活動してきました。

 

リーダーになる際に、3つ、心に決めたことがあったとのことです。

・東京チームが一体となり、グランプリ出場者を送り出すこと

・まだ、東京から優勝者がいないため、優勝者を出すこと

・東京大会の「セミコン」運営は、全国でNo.1になること

 

自分1人では出来ないため、自分の想いを周りに伝えていき、仲間を増やしていきました。当初は、7名程度でしたが、最終的には、3倍以上の20名強の仲間に成長したそうです。

 

Hさんの想いに共感して、運営や出場者をサポートしようと自発的に協力者が増えたそうです。実際に、僕自身もその中の1人です。

言葉で発信、行動し続けた結果だと感じました。

 

もし、あなたが
何か始めても三日坊主で続かないとしたら・・・。

 

もし、あなたが
なかなか行動できずに、止まってしまうのであれば・・・。

 

もし、あなたが
思うような結果が出なくて、成果が欲しいと思っているなら・・・。


自分の想いを言葉で発信、行動し続けて、周囲を巻き込んでみましょう。

 

なぜか?


三日坊主、続かないのは、自分1人なので、怠けてしまいがち。また、出来ないことがあったら、滞り止まってしまうことが多いからです。

 

言葉に出して、周囲に発信、行動し続ける。それにより、言ったからにはやらないといけないという自覚、言うことで周りからの応援やサポートも出てきて、続けようと気持ちが高まり、行動の背中押しとなるからです。


「セミコングランプリ2017」では、7名中、東京からは2名が出場しました。その中の1名は、前日の敗者復活戦(8名中1名がグランプリに出場)で、見事に勝ち上がりました。ご本人の努力ですが、そこまでの道のりで、仲間の応援やサポートがあったからこそ、最後まで頑張れたとおっしゃっていました。仲間からのエネルギーもあったのかもしれませんね。


結局、「セミコングランプリ2017」では、東京からの出場者が優勝しました。コンテストでは、それ以外の表彰もあります。それは、「セミコン卒業生」から選ばれる、「ベスト講師賞(新人部門・一般部門)」、地方大会の各拠点の中で、最も優れた運営を表彰される「ベストエリア賞」があります。

 

なんと、東京チームが、「ベスト講師賞(新人部門)」、「ベストエリア賞」を獲得しました。今回、三冠達成です!


Hさんがリーダーとなった時の想いが叶いました。受賞が決まった時、とても感動しました。東京チームみんなの想いが叶いました。

 

1人の想いから始まり、言葉を発信、行動し続けたことで、最も良い結果に結び付くことができたのです。

 

とても感動的な1日で忘れることができない出来事となりました。言葉のチカラ、行動し続けることの重要性を痛感しました・・・(^_^;)


三日坊主、なかなか続かないあなた、

これから少しでも続けられるように、言葉のチカラと行動を、一緒にしていきましょうね!

「セミナーコンテスト」からの学び

皆さんは、セミナー講師の甲子園「セミナーコンテスト」というイベントを知っていますか?

 

自らの体験をもとにオリジナルセミナーを作り、1人10分で発表、順位を競うイベントです。

 

10月に、地方予選の東京大会に出場しました。残念ながら、優勝できずに敗退・・・(^^; 敗者復活戦に出場しないかと誘われましたが、辞退したために、10月で終了。

 

2017年1月には、全国大会となる「セミナーコンテストグランプリ2017」が開催されます。

 

先日(12/5・6)、そのグランプリ出場をかけた決定戦がありました。仲間が出場するため、オブザーバーとして応援に行きました。地方大会で敗退した方の敗者復活戦、東京・長野大会で優勝した方が競う代表決定戦がありました。

 

結果は、代表決定戦でグランプリ出場を決めた方は、一緒に地方大会に出場した男性が、見事決まりました。一方、敗者復活戦から勝ち上がった方は、知人の女性でした。敗者復活戦は、8つのエリアから勝ち上がった方が、グランプリ前日に最終決定戦で1名が出場となります。

 

仲間がグランプリに出場することが決まり、嬉しかったです。敗者復活戦から最終決定戦に進んだ女性には、頑張ってもらい、グランプリ出場を果たしてもらいたいと思いました。

 

さて、10分でセミナーと聞いて、そんな短い時間で、ちゃんとしたセミナー出来るの・・・?と疑問を感じる人もいるでしょう。でも、出来るんです!

 

10分間の中で、

 

(1)自己紹介

(2)本日のゴール

(3)問題提起

(4)ノウハウ

(5)まとめ

 

5つの要素を盛り込んだセミナーが出来ます。セミナーの骨格がしっかりとしているため、2時間、3時間のセミナーは、骨格をもとに肉付けしていけば、セミナーになります。

 

実際に、自分で10分間という短い、限られた時間でセミナーをやった、また仲間のセミナーを見た体験を通じて、得られたことがあります。それは、人に伝えて、行動に導く必要なことです。

 

もし、あなたが

 

短い時間でプレゼンをしなくてはいけないとしたら・・・?

 

もし、あなたが

 

上司に簡潔に報告をする場面があるとしたら・・・?

 

もし、あなたが

 

短い(ショート)スピーチをする機会があるとしたら・・・?

 

 

それは、「シンプルに、簡単に」にすることです。

 

余計なものをそぎ落として、最も伝えたいものを絞ることです。10分間のセミナーで、ノウハウを伝えて、受講生に行動を促すには、簡単にできる再現性の高いノウハウとなります。

 

いくつもノウハウを伝えたり、難しいものでは、行動まで至りません。だからこそ、「シンプル」にすることが重要なんです。「えっ、そんな簡単なノウハウでいいの・・・!?」と思うようなものでいいんです。

 

また、相手に伝わるように、専門用語、横文字、そして難しい言葉はNGです。小学生にでもわかるような簡潔な言葉で伝えないと、受講生の頭の中には、「?」がたくさん浮かびます。

 

グランプリ出場を決めた男性のセミナーは、「シンプルに、簡単に」で構成された内容のため、すぐに行動してみようと思う、ノウハウでした。とても完成度が高かったです!

 

最も伝えたいことを、「シンプルに、簡単に」を意識してみて下さいね!

 

ちなみに、「セミナーコンテスト全国大会」は、2017年1月29日(日)に、京都で開催されます。10周年の記念大会のため、700名規模の会場です。

 

オブザーバー参加を募集中です。興味のある方は、下記のサイトをクリックしてみて下さいね!

 

全国大会に勝ち上がった7名なので、レベルの高い10分間セミナーを見ることが出来ますよ。講師をやってみたい、興味のある方なら、勉強になります。

 

また、豪華な12名のコメンテーターのコメントも多くの気づき、学びもありますよ!

 

 

「セミナーコンテスト全国大会」

http://personal-brand.jp/seminar-contest/grandprix2017-ob/

 

ではまた。

こちら都合になっていませんか? 「For You」視点が大切ですよ!

12月に入り、お世話になった方、大切な方などに、お歳暮を贈る時期になりましたね。

皆さんは、どなたかに贈りましたか?

 

日頃の感謝の気持ちを込めて、贈り物をすることはありますよね。先日、まさに贈り物を送る機会がありました。

 

何を贈るか、色々と考えた結果、相手の方は、お酒をよく飲まれるため、お酒を贈ることにしました。しかし、僕自身、下戸のため、全くお酒が飲めず、どの銘柄を贈ったらいいのか・・・?

 

そこで、お酒を販売する専門店に行けば、プロの店員さんが最適な贈り物を選んでくれるだろうと思い、お店に向かいました。以前に、行ったことがあり、実際に購入したことがあるため、再度、そのお店に行きました。

 

お店につき、案の定、ディスプレイに飾られた商品を見ても全く分からず・・・(^^;

普段、例えば、洋服を買うなど、お店に行った際には、あまり店員さんに話しかけられたくないタイプです。しかし、今回は、買う予定で、商品知識もなく、困った状態です。そんな時に限って、店員さんからは話しかけられないですね・・・。

 

そこで、1人の店員さんに声を掛けました。

 

僕「すみません。贈り物として、日本酒を贈りたいのですが・・・。ただ、僕はお酒が飲めないため、何を選んだらよいのか分からないので、教えてもらえませんか?」

 

店員「今、冬のギフトセットを販売し始めたんですよ。お店オリジナルで、オススメですよ。」と、すぐに提案されました。

 

いきなり提案かぁ・・・。それもお店のオススメとは・・・。こちらの状況を聞き、把握した上で、最適な商品提案をしないのかと感じました。いきなり売りたいもの、オススメを提案される場面に遭遇することは多いですよね。

 

こちらは、買う前提で、何を選ぶべきか分からないと伝えているのに・・・。出来れば、色々と質問してもらい、贈る相手に最適な商品を、見つけてもらいたいと思いました。

 

その後、2つの質問をされました。

店員「ご予算は?」

僕「5,000円程度で」

 

店員「相手の方はお酒をよく飲まれますか?」

僕「毎日、飲むみたいです」

 

YES/NOで終わるような、クローズドな質問のため、話しの広がりはなかったです。話が広がるような質問したほうが、お客様の状況を引き出せるのではないかと思いました。しかし、その後、質問はなく、しばし沈黙が・・・。

 

結局、薦めて頂いた数点の商品の中で、新酒品評会で金賞を受賞した日本酒がありました。それに決めて、購入しました。金賞という権威があるので、大丈夫だろうと、自分の中で納得させました。

 

 

もし、あなたが

 

お客様に提案をする立場になったとしたら・・・?

 

もし、あなたが

 

誰かに相談される立場になったとしたら・・・?

 

 

相手に質問をして、相手の中にある様々な情報を引き出しましょう。その際に、YES/NOで回答できる質問よりも、自由に回答できるオープンな質問を多くしましょう。そうすることで、相手の状況、要望などを引き出しましょう。

 

相手を知る時に、質問することは有効な手段です。一方的な押し付けではなく、相手視点で最適な提案、回答することが大切ですね!

 

ではまた。

会社員こそ、自分ビジョン・軸を持とう!

僕は、子供の頃から、超のつくほど「テレビっ子」で、1日中、観ていても大丈夫なタイプです。

 

ドラマ、バラエティー、スポーツ、ドキュメンタリー、ニュースなど、ジャンル問わず、何でも好きです。以前は、ドラマだけで、週10本観ていました。録画して帰宅後に観る。睡眠時間や観る時間が少なくなってきたので、さすがに、最近はそこまでしなくなりましたが・・・。全体的にテレビを観る時間も少なくなってしまいましたね・・・。

 

そんな中、「ドクターX~外科医・大門美知子~」(テレビ朝日・木曜21時)は観てしまいますね。米倉涼子さん主演の医療ドラマです。シリーズ化されており、評判は良いので、ご存知の方も多いでしょう。

 

大学病院を舞台に、そこで働くフリーランスの外科医が、自分の腕1本で、勝負する話です。権力には服従せず、自分の腕だけで生きていくその姿に、かっこよさを感じます。

 

命を救うために、オペをすることに注力して、それ以外は、

 

「いたしません」

 

とキッパリと断る。また、自分の腕に関しては、

 

「私、絶対に失敗しないので」

 

と言い切る自信。

 

一方で、大学病院の勤務医は、病院長始め、教授に対しては、忠誠心が高く、何を言われても

 

「御意(ぎょい)」

 

と言って、右手を心臓あたりに添えて、忠誠を誓う。

 

対照的な姿をみると、滑稽と感じずにはいられません。ここまで違うのかと・・・。一方は、フリーランスで自分の腕だけで生きる医師、もう一方は、理不尽なことがあ

っても大学病院、上長に忠誠を誓う医師。

 

前置きが長くなりましたが、あなたは、どちらの生き方に憧れを抱きますか・・・?

 

一緒に一度の人生であれば、どちらの生き方をしたいですか・・・?

 

僕は、大門美知子のような生き方が出来たらいいなぁと思います。現在は、会社員ですが、あんな生き方ができたら羨ましい、憧れがあるため、ついついドラマを観てしまうのでしょうね。そうは言っても、会社員なので、嫌なこと、面倒なこともしなければいけない場面も多く、ストレスを感じます。いつかは個人事業主になり、自由に生きていきたいとは思っているのですが・・・。

 

 

もし、あなたが、大門美知子のような働き方に憧れを感じるとしたら・・・?

 

もし、あなたが、大門美知子のような働き方をしたいと思っているなら・・・?

 

もし、あなたが、大門美知子のように、自分の腕1本で生きていきたいなら・・・?

 

 

スキルを磨くこと以前に、自分ビジョン・軸をしっかりと持つことが重要です。彼女の中には、「目の前の命を救いたい」という軸がしっかりとしています。その手段が手術スキルで、そのスキルを一流にすることに邁進していきたのだと感じました。

 

フリーランス、個人事業主、個人で起業された方なら、ご自身のビジョン、軸が明確な方が多いでしょう。僕の周りにも、個人で活躍するコンサルタント、講師、コーチなどいますが、皆さん自分ビジョン、軸がしっかりとした方が多いです。

 

一方、会社員だと、会社の経営ビジョンはあっても、自分ビジョン、軸を設定する方は少ないのでは・・・?会社員では、全て自由にいかないですが、会社員こそ、自分ビジョン、軸を持てたら、意識や働き方は変わるのではないかと・・・。

 

実際に、僕自身は設定しています。

現在は、広告会社グループの中で、メーカーの通販事業を支援する仕事に関わっています。そんな中で、「長く買い続けるお客様づくりで、事業の基盤を安定させて、成長させることに貢献する」と、自分ビジョン、軸を設定しています。そのために、既存客

から優良客、ファンを増やすことに焦点を当てた業務に比重を置いています。その領域のスキル、ノウハウ力の向上に努めてもいます。そうすることで、周りに、自分の強みを認知、理解させることで、それ以外の面倒、余計な業務を振られる場面は少なくなってきた実感はあります。

 

このまま会社員で働き続けることは考えていないこともあって、自分ビジョン、軸を考えましたが、会社員で働き続ける場合でも設定しておくと、働き方、自分の位置付けなど、変わってくると思います。

 

フリーランス、会社員など、働くスタイルに関係なく、自分ビジョン、軸を持つと、より自分らしく働ける、生きられるでしょう。

 

是非とも、自分ビジョン、軸を持ち、自分らしく生きていきたいですね!

 

 

ではまた。

 

 

 

 

“普通”でOKなんですよ!

昨日(12/2・金)、久しぶりにひどい頭痛に襲われました。また、度々ある昼間の睡魔もあり、体調が優れない1日でした。

 

頭痛は、風邪ではなく、首・肩凝りがひどいため、たまに頭痛にも見舞われるからです。また、睡魔は、睡眠障害が原因で、何度も起きてしまいます。そのために、寝た感じがせず、疲れも取れず、昼間に睡魔に襲われることも・・・(^^;

 

数年前からなので、もはやうまく付き合うしかないのですが・・・。年齢を重ねると、誰しもどこか悪い、調子が悪いことは出てくるかと思います。

 

そんな時、思います。

“普通”っていいなぁ。“普通”でいられることって有難いなぁって。

 

だって、今は、睡眠障害でまともな睡眠出来ていないし、長年の首・肩凝りをきっかけに頚椎症になってしまい・・・。昨日、体調が優れなかったため、しみじみ“普通”っていいなぁと、改めて感じました。

 

 

もし、あなたが“普通”なこと、生活が嫌だなぁと感じていたら・・・?

 

もし、あなたが“平凡”なこと、生活が退屈だなぁと感じていたら・・・?

 

 

“普通”、“平凡”でOKと受け入れてみましょう。

 

だって、考えてもみて下さい。

“普通”、“平凡”だと感じていたら、“マイナス”ではないですよね!

 

僕の数年来の悩み、睡眠障害や頚椎症は、体調に異変をきたすマイナスの状態ですよ。どこも悪くない状態(=普通)を0(ゼロ)としたら、マイナスですよ。マイナスを0(ゼロ)に戻すには、時間やお金などが、かなり掛かります。何もなければ、その時間やお金は、別のことに使えます。

 

また、僕やあなたが、今、感じる“普通”、“平凡”って、例えば、1ヶ月前、3ヶ月前、半年前、1年前の“普通”、”平凡”だったレベルとは違うのではないですか?

 

新しいことを体験したり、出来なかったことが出来るようになったりしていますよね。出来るようになったら、そのことは当たり前となり、“普通”、“平凡”なレベルは上がっているでしょう。大きな変化ではないかもしれませんが、0.1%でも変わっているはずです。

 

昨日の“普通”よりも今日の“普通”、今日の“普通”よりも明日の“普通”と・・・レベルは進歩していくでしょう。だから、自分の中で、“普通”でOKと受け入れることが大事です。どんな小さなことでも良いので、昨日よりも出来ていることがあるからです。あなた自身が、気づいていないだけだと思います。

 

その積み重ねが、気が付いたときには、過去と比べて、“普通”レベルが数段に上がっているはずです。

 

 

もし、あなたが“普通”なこと、生活が嫌だなぁと感じていたら・・・?

 

もし、あなたが“平凡”なこと、生活が退屈だなぁと感じていたら・・・?

 

 

“普通”でOKと認めてみませんか・・・?

 

 

ではまた。

小さな一歩で、「0.0%⇒66.6%」に変化!

12月に入りましたね。2016年は、残り1ヶ月です。

 

あなたは、残り1ヶ月をどのように過ごされますか?2017年は、大飛躍となる年だそうです。そのためには、12/21迄に、準備をすることが重要とのこと。

2017年に向けた、貴重な1ヶ月を、どう過ごすか鍵になりますね・・・(^_^;)

 

さて、先月(11月)は、僕自身、小さな一歩を踏み出しました。それは、これまで一切やっていなかった、ブログを始めたことです。11/22(火)からスタートして、11月末迄に、合計6本の記事をアップしました。

 

数字にすると、66.6%の掲載率(9日間6本掲載)。これまで、0.0%だったのが、66.6%。0から抜け出したことは、大きな前進ですね!ちゃんと準備してからという思い込みもあり、なかなか行動出来ず、停滞していた過去からすると、ビックリです・・・(^_^;)

 

 

もし、あなたが行動したいのに、先送りにしているとしたら・・・?

 

もし、あなたが失敗を恐れて、一歩踏み出せないとしたら・・・?

 

もし、あなたが変わらない現状に、もどかしい気持ちがあるとしたら・・・?

 

 

振り返って考えると、小さな一歩を踏み出せたことは、3つの点がポイントとなりました。

 

(1)1人ではなく仲間と一緒に

(2)頭ではなく心にフォーカス

(3)加点式を採用

 

 

まず、(1)1人ではなく仲間と一緒に。ある塾への参加が大きかったです。1人のままであれば、十分に準備をしてから始めようのままだったと思います。ブログの本を読んで、勉強してから始めよう・・・数ヶ月経過していたかも。同じ目的に向けて、動く仲間の存在があったからですね!

 

次に、(2)頭ではなく心にフォーカス。これまで、どうしても頭で考えることが優先されていました。そうなると、あれこれ出来ない理由を探したり、まずは準備をしたりと・・・行動を阻害する要因ばかり出ていたと思います。考える前に、心で感じたら動いてみること。考えて固まる前に、一歩踏み出すことですね!

 

そして、(3)加点式を採用。頭で考えがちなため、出来ていないことに目がいき、どうしても減点式になる傾向がありました。こんなに出来ていない⇒どうしよう⇒不足しているものを埋めないといけない⇒不足したものを学ぶ・・・。

 

出来たことが置き去りとなり、自分を認めることが希薄になりがちでした。何かは出来たことはあります。そこに目を向けることが大事ですね。自分を認められれば、自信にも繋がり、行動、実践にも結び付いていきます。

 

なかなか動けない人は、おおよそ自分を認める、自己肯定感が低いのではないかと思います。自分を責めたところで、気持ちが

下がるばかりで良いことは何もないです。

小さなことから、自分を認めることを続けていきましょう!

 

 

小さな一歩を踏み出すことは出来ました。

これからは、続けることが大事です。「0.0%⇒66.6%」に上がりました。これに満足することなく、0.1%でも良いので、日々、継続して成長していけたらと思います。

 

2017年の大飛躍に向けて、12月の1ヶ月間を、実りある月にしていきたいですね!

 

 

ではまた。